平成最後のジャニヲタ反省記〜担降り悩み期間

4 min
スポンサー広告
さっちゃん

さっちゃん

30代のプロ野球(鴎党)オタクが楽しく資産形成しつつ美容も頑張るブログ。果たして両立できるのか…?積立NISA・日本株・投資信託・分散投資でコツコツやってます。多分ジャニオタかつ元音楽業界の人。

FOLLOW

SAKURA

SAKURA

2019年に綴った「平成」最後のジャニヲタ反省記録。令和になっても遺したい(?)と考え、ブログ移転のために書き直しをさせていただきました!

過去の記事はこちら

前回の更新でついに伝説の自担の中島健人くんに出会うところまでを書きました。中島健人くんを担当していなかったら人生が変わっていたかもしれません。良くも悪くも1番濃い日々を送ることが出来ました。

Hey!Say!JUMP 勇気100%&全国ツアー

通称「勇気魂」。

まだJUMP担だった私はこの公演の仙台公演に参戦することにしていました。私の地元でもあり、その時に担当していた光くんの出身地でもありました。しかし、東日本大震災が起こってしまい4月にあった公演は中止&払い戻しに。私の実家や親戚や友人は本当に幸いにも誰も怪我をすることがなく無事だったんです。実家も落ち着いたあたりから名古屋公演と横浜公演に参戦しました。賛否両論色々あると思うんですが、当時の私はコンサートに行くことを決めました。

ララリラで本気で泣いた。

ララリラとはB.I.Shadow(健人くんのJr.時代のグループ)の持ち曲でした。健人くんがSexy ZoneになってからもLIVEで歌ってくれたなぁ。とにかく前向きな歌詞とララリラを歌う健人くんに大号泣したんです。横浜だったかな。それしか覚えてないくらいです。

ブチギレの名古屋公演

当時のわたくし

当時のわたくし

名古屋に健人くんがつかなじゃないか・・(うろたえ)

このころの私は4連うちわを持ったり良い席を選んで買うスタンスで応援していました。これには賛否両論もありますが、この時の私は良席で参戦してヘアメしてファンサを貰いたかったんです。

名古屋は東京Jr.がバックについたり関西Jr.がバックついたり結構その公演により違います。ジュニア担を履修していなかった、まだ認識が甘かった当時の私は「去年の名古屋も付いてたから健人くんは今年もいるだろう」と思っていたのです。

居ませんでした。笑 

ララリラが聴けないことが悲しかったです。担降りフラグです。

光くんから総スルーをくらう。

これは今でも覚えています。笑
花道から2つ目の席にいるのに全くファンサをもらえず。
友達は担当の伊野尾くんからファンサもらっていました。それを見ていたらやっぱり自分もファンサをしてもらいと思ってしまいました。この時はそういう考え方だったんです。友達が協力してくれて、大きい声で光くんが通るときに「光!こっち!」って呼んでくれたんです。その時に光くんはこっちを見てくれたにも関わらず、無表情でこちらをみて通り過ぎていきました。華麗にスルーです😌その時点でファンサどうのとか、【光担として】というか、


人間として落ち込みました。笑 

まあ不細工なのに髪の毛盛ってたからでしょうね。光くんは何も悪くないです。それがトラウマになって健人担になってからも一切、盛り髪はしなくなりました。
最近は吹っ切れて簡単なヘアメしています。(え???)
今思えば痛たたたな私を気づかせてくれた光くん。ありがとうございます。総スルーのあと、憐れに思ったのか山田くんがファンサくれました。本当に暖かかったです!優しい山田くん、本当にありがとうございました!

運命のSUMMARY2011

そんなファンサ貰えない名古屋公演の後に、私の中で人生最大の担降りに悩む時期が訪れます。
いまだに色々と思い出す、SUMMARY2011。

なんと公演の幕があけても1曲目の『SUMMRY』中盤の「ハイパービート感じながら~!」まで当時担当だった光くんが居るか居ないか分からないロシアンルーレットでした。

ドラマ「美男ですね」の撮影のため、光くんはSUMMARY2011の全ての公演には参加できなくなりましたったんですね。。。今まで一番精神的に辛かった現場はやっぱりこの年のSUMMARYです。

そして光くんが居ない日の代役が・・・・・・

中島健人くんでした。

この出来事がきっかけで気持ちが変化していきます。
私が行ったSUMMARY2011最初の公演はドラマに共演してた藤ヶ谷くんと玉森くんがいるキスマイがドーム公演のため、光くんが出演したんです。
愛しのプレイガール(Ya-ya-yahの名曲)もちゃんと予定通りの薮光シンメ(薮くんと光くんのシンメトリー)で観れたました。このころ、Twitterに公演レポを流すことが楽しみでいつもノートに公演内容をメモしていました。(今はメモOKか不明です。当時はめちゃくちゃ流行ってました。)初回の参戦メモに

「ふまけんすごい!」
って大きく殴り書きしていました。笑

これが全ての始まりで千秋楽へと向かいます。

千秋楽なのに自担いない事件

これはジャニーズ事務所どうなのって未だに思います。結局、光くんが居るか居ないのか分からないなので持っていたチケットを手放したりしていました。また出演している日も代役の健人くんと合わせてメンバー1人分の出演時間だった気がします。バックのJr.も出入りが激しい公演でした。千秋楽は風磨くんは日生に行っていなかったし、高地くん(現SixTONES)も鎖骨の骨折で出演なし。松村北斗くん(現SixTONES)と健人くんしかいないじゃん!?という状況でした。

SUMMARY2011では健人くんが光くんの代役の日はオープニングで光くんの代わりにフライングに入り、その後のJr.コーナーでB.I.Shadowのサークルフライング(ジャニーズ王道のメンバーが手を繋ぎながら回るフライング)もあったんですけど、最終日はB.Iの方に今のキンプリの岸くんが入っていました。それくらい出入りの激しい公演だったんです。

健人くんも風磨くんはずっと代役でフライングに入っていました。そしてこの千秋楽に光くんが出ないんじゃないかと噂が前日あたりから流れます。

案の定、千秋楽は1部に光くんは出演し、2部の大千秋楽は居ませんでした。最後のホール公演は代役の健人くんになりました。(この年はこの後にドームでも公演をしています。)

やっぱり当時の自担(光くん)がいないのは嫌でした。なんでデビューしてるのに、全員で公演を行えないんだろうって思ってました。現在でも公演が始まって1曲目の途中まで出演者が分からないのは分からないのはおかしいと思います。

今だから正直に書くと、千秋楽は「とりあえず公演みるか。仕方ねえな!」って感じで自暴自棄で参戦しました。

健人くんのパフォーマンスが考え方を変えた

でも公演をみているうちに考え方が変わりました。どう思ったかっていうのは次回の記事に記載します。とにかく健人くんにデビューしてほしいって思ったんです。ここからが全ての始まりでした。

初めは光担を降りるつもりなかったSUMMARY2011。健人くんはお気入りのJr.くらいだと思っていました。アンコールでは感激しすぎて友達と健人くんの名前を叫んでいる自分がいました。

1記事で、デビューまで行けなかったぞ。笑

次回、怒涛の担降りに悩み、やっとデビューについて書いていきます!

関連記事