私の仕事は推し事です。

おたくのおたくによるおたくの為のblog

◆My HEROと楽天2018年シーズン

2018年シーズンが終了しました。

 

西巻賢二選手の入団がきっかけで観に行くようになったプロ野球。こんなに劇的だと思っていませんでした。

 

www.croire25.com

 

上の記事にも書いたように人生180度変わった!!(6位だけど)頑張る選手を見て前向きになり(ホームで負けても)応援したいと思い、後半は毎週球場に通いました。

 

 

プロ野球・1軍ならではの楽しさがある

初心者でびっくりしたことが野球選手がアイドルよりアイドル売りしてることですかね。これは球団によって状況が異なると思います。楽天はかなり今までも試合を観に行ったことはありますけど、改めて好きな選手がいると見えてくることもあります。

 

球団の様々な工夫

アイドル売りについては賛否両論あると思いますが、パ・リーグ最下位でも土日は満員御礼になる試合もありました。この点については球団側の工夫が生きているんだなと思います。球団にお金が無ければ選手達のサポートや新規選手獲得が充実する訳がないので私はこういう面にもお金を落とすファンでいたいです。

※ただ勝率とか本来のスポーツとしての野球として考えると(?)な部分もあるかとは思います。

 

グッズが豊富

これは、声優オタクもびっくりですよ。選手モチーフのキーホルダーやラバーバンドなどブラインド商品が沢山あるんです!また、来場者グッズも盛りだくさん。やっぱり好きな選手のグッズは欲しい!(日によっては特定の選手のパペットが貰えたりした)ブラインド(誰の選手が入ってるからわからないグッズ)のグッズをツイッターで交換してる時は何のファンやってるかわからなくなったりもしました。

 

応援団がアツい

これは高校野球もそうなんですけど、応援団がアツい。ホームゲームだとレフトスタンド側に応援団がいるのですが、本気。最高です。プロ野球は個人の選手の応援歌があるので音楽好きとしては応援歌を歌うことも楽しかったですね。

 

お酒がおいしい

球場のお酒ってビールだけだと思ってました。違うんです!ご当地ビールからカクテルまで!女子でも楽しめるお酒がたくさんあります。各選手とコラボしたお弁当やらご飯やらも魅力的です…。球場行くと絶対に財布の紐が緩くなるどころか財布の紐が無くなりますから!笑

 

My HEROを自分の境遇に重ねたシーズンだった

私のMy HERO、イチオシの選手は田中和基選手という大卒2年目の若手の選手です。打撃フォームを変えたことにより、今シーズンは覚醒し、成績も下記のように大幅に伸びました。

 

f:id:redxx7:20181104134049j:image

25 田中 和基 選手名鑑|東北楽天ゴールデンイーグルスsp.rakuteneagles.jp

 

My HEROが新人王候補となる

 

ご本人の目標と結果

  • 安打120→112
  • 盗塁20→21
  • 本塁打(ホームラン)20→18

 

5月23日に一軍登録になった後、6月は凄く好調でした。大躍進の1年だと思います。新人王というワードもたくさん聴きました。しかし、9月10月は応援しているこちら側も苦しくなるほど不調が続きました。ご本人もシーズン終了後にこのように語っています。

 

 

一番きついと感じたのはメンタルの維持だと思っています。打てない試合が続いたりすると、一番打者として試合に出させていただいているので、その最初の打席が凡退に終わると、この試合はヒットが打てないのではと弱気な気持ちになってしまうことも多かったです。そこが一番苦しかったです。

【2018シーズンホーム主催試合終了】選手からのコメント|東北楽天ゴールデンイーグルス

以下全てこちらから引用

 

観ているこちらも苦しかったです。正直。三振をした後に俯いてベンチに戻るの姿を批判する解説者もいました。その通りだと思います。プロ野球選手って難しいですね。技量だけじゃない様々な試練があるんだなと痛感しました。

 

大卒2年目の自分を思い出す

土俵は全く違いますが、大卒2年目のプレッシャーに負けた自分自身を思い出しました。私は病気で働けなくなるまで働いてしまったけど、もっと選択肢があったはずなんですよね。それに気づくのに私はめちゃくちゃ時間がかかりました。私は挫折しました。

 

だけど、田中和基選手には乗り越えて欲しい。不調の時にずっと思っていました。私と背負ってる物の重さは全く違います。でも笑顔で野球をして欲しい。どんな時もファンは応援しています。調子の良い時だけ応援する人もいます。それはその人の考え方です。でも、辛い時も苦しい時も球場に足を運ぶファンもいるんだよって伝わればいいなって思います。

 

フィールドは違いますが、My HEROが野球をしている姿を見て今日も頑張ろう、私も頑張ろうって良い意味で人生変えちゃう人もいるんです。「あの時、私は挫折しちゃったけど、もう一度頑張れるかもしれない」

田中和基選手が戦う姿を見て決意できました。だから背負う物は違っても、違うフィールドでも私も戦います。一緒にベンチにいなくてもスタメンじゃなくてもファンはいつでも味方です。

 

でも勝ちがみたい

それでもやっぱり勝ちは観たいです!笑 勝負事ですから勝って楽しませて欲しいですよ。

今シーズンは課題も出てきましたし、難しいことも多いですが、来シーズンは相手チームにも、ファンの皆さんにも、楽天イーグルスのセンターは田中が守っている。それを当たり前と感じてもらえるように頑張ります。

 

楽天生命パーク宮城のセンターは田中和基が守ってるからってファンとして胸を張れるシーズンにしたい!

 

記者:まだシーズンは終わっていませんが今後に向けて、来シーズンの目標など聞かせてください。

 

今年は多くの試合に出させていただきました。次の試合に出ると105試合出場になります。来シーズンは、フル出場したいという思いがありますので、それに向けて、怪我をしない体づくりやメンタルの維持に力を入れていきたいと思います。

 

 

来季もずっとずっとMy HEROで居続けてください。球場でもどこからでも声援を送りますよ!覚悟してください!笑