私の仕事は推し事です。

おたくのおたくによるおたくの為のblog

◆元オリキがまたジャニヲタに出戻りします

f:id:redxx7:20181216235644j:image

 

元オリキ、茶の間としてジャニヲタ復活します!

そろそろ時効が来るんじゃないかと思いますし、色々思う事があって公表します。むかーしむかし。公開くらいにしか行かないショボい感じで追っかけしてました。(現在の担当の方ではないです。)自分がやりたいこと・やれること全部をやって本人に「もうここにくるのは辞めるね」って手紙を渡して会いに行く事を辞めました。その後しばらくはお友達のツイートみてニヤニヤしながら声優さんを追っかけたり野球選手にハマったり現在に至るわけです。

 

昔はオリキとヤラカシは違った

一緒やろ!って突っ込まれるかもしれませんが。笑 Jは特殊な文化なので基本的にオリキはプライベートは絶対に関わらないことがルールでした。その他、細かいルールがありましたし、私は特にプライベートには興味ないので出没してたのは劇場とコンサート会場くらいでした。だからほんとショボいです。今回はお茶の間でずっと好きだったグループを応援したいし、現在は関東に居ないし。楽天の選手も含めてプライベートに干渉は絶対しません。

 

お友達は誰を追ってたか知ってるし、後々だれか分かると思うんですけど、今の情報に関しては何一つ知らないです。なので、オリキなりたいです!って言われても答えられません。なりたくてなるものじゃないし、正直やってた時もこれで良いのか自分って悩んでいました。実際、否定的な意見が多いし、それが普通であることも理解しています。そして悩んだ末に2013年に一旦距離を置くことにしたんです。

 

なぜカミングアウトしたか

下手したらタレコミに書かれるかなとも思いましたが、該当の現場は行かないんで。当時追っていた該当Gには関わらないことを前提です。TOKIOの脱退の件や(今もショック過ぎて受け入れられてない)最近の大倉くんの発言やパニック障害でお休みする子たちの話を聞いて、ヤラカシとオリキが一緒になってる感じがしたんですね。でも本当に当時は違ったんです。

 

劇場に並ぶのは一種の文化だったんで平成のアイドル文化が婉曲して伝わることが嫌でした。良いことも悪いこともあの時、自分の目で見たことをフラッとしゃべるかもしれまへん。真実を伝えたいだけです。

 

平成最後の年に滝沢くんが引退することについて

ここに至るきっかけは今年、運良く滝沢歌舞伎を観にいけたことでした。

 

f:id:redxx7:20181217001014j:image

 

舞台が好きな私にとっては念願の滝沢歌舞伎でした。そのタッキーが年内最後に引退する。平成が終わる年に引退する。もうタッキーが主演の滝沢歌舞伎は観られないんだと寂しくなったことがきっかけでした。

もう前の元担でジャニーズ人生は終わりにしようと思っていました。ジャニーズで卒論を書いて、「ジャニヲタ辞めます」という宣言をして色々なジャンルを渡り歩きました。

 

でも結局、97年に1番最初に好きになったV6ほど私が影響を受けたグループは無いなと思ったんです。小学生からいままでずっと私の側にはV6の音楽がありました。V6が居て当たり前だと思っていました。

 

小さい時は番組を録画して、雑誌を買って、コンサートも遠征してってジャニヲタらしいことをしていました。その時と同じくらいに戻るかと聞かれたら、戻らないです。

何度もいいますがプライベートも絶対に干渉しません。でも、滝沢くん引退の一件で、活動してくれることが当たり前という感覚のままで居たくないと思ったんです。だからもう一度、担当を名乗りたいと思います。

 

だけど僕は君に会うまで諦めない

黄金期の「8時だJ」。V6のCan do! Can go!を踊るジャニーズJr.たち。東京に行くことが全てで「だけど僕は君に会うまで諦めない」というフレーズは私を何度も勇気づけてくれました。V6はこれからも私の憧れです。たくさんの夢をくれたV6とまた新しい年もその先も過ごしていけるように。今度は自分のペースでマイペースに応援します。

 

健担として17回目のFC更新してきます。

実はずっと剛担だったんです。高校生まで。剛健が好きでした。今も好きです。(むしろV6はグループとして好きです。)何年たっても変わらぬ美しさと強い信念でアイドルをしている健くんを応援したいので、健担です!名義の好きなメンバーも滝沢歌舞伎の時に健くんに変更してるんですが、改めて健担として更新します!

 

平成が終わっても20世紀もとっくに終わってるけどV6は永遠にカッコいいオジさんたちです。