私の仕事は推し事です。

おたくのおたくによるおたくの為のblog

◆平成最後のジャニヲタ反省記〜健人くんに認知してもらいたいお年ごろ

 

f:id:redxx7:20190106225550j:image

 

強火健人担になりたかった

そう思いながら泥沼ラブホリ健人担になりたいと思っていたときのことです。この頃、強火という言葉が流行っていました。「その担当のことがガチで好き」と解釈して良いかと思います。

 

 

 

過去の記事はこちら

www.croire25.com

 

東方神起が帰ってくる

その前に少しだけ東方神起の話。東方神起が2人で活躍再開し、ツアーが決まりました。2012年の1月でした。2010年の東京ドームで悔しい思いをしたことに対しての執念があり、ツアーも横アリや埼アリがあったけど、東京ドームの初日に行くことしか考えていませんでした。

 

チャンミンがまた東方神起として東京ドームに立つ日を一目見るだけで良かったんです。

 

※この記事も2012年、その当時に書いているものを書き直しています。3人が好きな方は嫌な気持ちになる可能性がございます。閲覧は自己責任でお願い致します。

 

やっぱりこれが正しいんだって私は思いました。様々な考えがあるだろうけど、私2人になってしまっても「東方神起」が好きです。今は落ち着いてJYJも聴くけど、やっぱり裁判のことは理解できません。

 

5人の東方神起はあのときで止まってしまったけど、5人はスキのまま思い出の中にしまっておくことにしました。

そして、追っかけたいというよりは好きなアーティストという位置に落ち着いて区切りをつけた公演でもありました。

 

JYJが東京ドームでコンサートやったときに本当に不満しか残らなくて、悔しい思いをして帰ってきたんだよね。私は東方神起が裁判を起こした最初からJYJが正しいなんて思ったことは1回もなかった。

 

だから正直なことを言うと、正しい判断をしたアーティストが舞台の上に立てないことはおかしいとずっと思ってた。5人の東方神起がいちばん好きだから東方神起のペンは降りようと思ったけど、チャンミンとユノが東京ドームに立つ日は絶対に立ち会おうとJYJのライブにいったあの時からずっと思ってた。2年越しの夢が叶った。

 

そしていよいよ担降りについて悩み始めます。

 

現場に行くことがすべてだった

実習で健人くんの現場で行けない公演が出てくるようになりました。今だから言えるけど、Twitterでレポが流れてくるたびになんで自分は行けないんだろって嫉妬してました。

 

この時のblogが残っています。

※このblogに関してもあえて当時のまま引用いたします。場合によってはSexy Zoneのファンの方以外は不快にさせてしまうかもしれません。

コンサートで健人くんが近づいてくると本当にドキドキして おかしくなるかと思った\(^o^)/ 健人くん美しいって思って4公演中4回泣いた\(^o^)/

非常に痛い状態です。

ここまで来たら担降りだろって話ですがまだ降りてません。でも私は健人くんがバックだった時から知っている。まだ担降りしてないのにデビューした時についたファンよりは長く好きだという小さい気持ちがずっと心に住み着いていました。

 

なんか健人には風磨がいなきゃだめで風磨にも健人がいなきゃだめだって SUMMARYで思ったからそれを知らない新規の人があたかも全部知ったように ふまけんについて語ってるの凄く不快なんだよ。


4人のBIのララリラを聴いて勇気もらった。
それをしらないでいてララリラを語られるのが凄い嫌。

 

 

そんな新規の人が自分より凄い表現力でツイートしてるを嫉妬していました。

 

自分だって舞台が好きでわざわざ仙台から親に出してもらってそれを勉強させてもらってるのに。
すごくすごく好きなのに欲望のレインとかGAMEとかMOONとかツキノミチとか セクゾに限らずJUMPもコンサートに行って伝えたいこと ほっっっんとに言いたいこといっぱいあって感じたこと伝えたいのに全然うまく表現できなくて(;_:) 音楽の良さっていうかshowとか。そういうのを広めたりそれを媒体にして絆作りたいとか 人感動させたいとか思ってんのに全然伝えられてない自分にすごく イライラするし、なんか自分がよくわかんなくなった。

 

当時はうまく自分を表現出来ず、自分が好きなことも話せず。もっと自分よりもアイドルを理論的に解釈できる人がたくさんいて自分は一体何なんだろうって思っていました。

 

私にはアイドルしかない。

このころは本気でそう思っていました。

生きてる生身のアイドルってものが作り出す世界が好きだから。 それは光くんであっても健人くんであってもおなじ。どうしても舞台の世界を2万字で表現したい。 

 

そして私は卒業論文をジャニーズが創り出す舞台芸術について書くことに決めるんです。

 

ついに担降りをする

 2012年5月6日。Hey!Say!JUMP ASIA FIRST TOUR 2012 最後に参戦した公演で大号泣しました。正直、降りるタイミングを逃していました。その後、タイミング良く決まったSUMMARY2012。その時に担降りをします。

 

5月30日

ふまけんが遂にメインキャストのSUMMARY2012でまた新しい伝説が出来ると思うとワクワクする。

伝説の誕生を目撃する事が、アイドルの追っかけの醍醐味で楽し過ぎて辞められません。

アイドルやアイドルグループは「生き物」だから時代と共に日々進化していくんです。 

去年は光くんの居ない公演なんてつまんないと決めつけてたし、途中で帰るつもりだったけど、あんなに楽しかったのは健人くんのおかげだと思ってるし、自分がショーが好きだって気づけた瞬間だったと思います。
お礼とお祝いを言いに行こうって行ったのが、12月の握手会。健人くんと風磨くんをはじめ、あのステージに居た全出演者の力なんだと思うし、それを統括したJUMPはやっぱりすごいなと思いました。

だからふまけんはほんっとにデビューして欲しかった。だから11月にSZでデビュー決まった時は嬉しかった。そして公演に出れるか分からない状況だった中、光くんがSUMMARYもドラマも成功出来たのは、光くんの努力はもちろん、健人くんが留守をしっかり守ってくれたからだと私は思ってる。

そしてSUMMARY2011がSUMMARY2010よりもレベルアップしたのはJUMPと一緒に飛んだ健人くん風磨くんみんなか居たから。

デビューしてないのにサークルフライングしたり光くんの代役だから他担に健人くんが叩かれたりしてたけど、それは違うって思ってた。光くんの立ち位置にいる健人くんを見て思った。
でも風磨くんが別演目の怪我での欠員のため日生劇場に行くことになって。。光くんも風磨も居ない公演は本当に見るに耐えなかった。健人くんが光くんの立ち位置に入って、光くんの衣装着てた。 私は運が良くて最初に光くんが居て、Jr.もふまけんが揃ってる公演に行けたんです。

あの公演は完全度も高かったし、JUMPを支えてる100人以上のJr.をふまけんがまとめてるのを実感したんです。

 

なので私は今日から健人担になります。

(一部抜粋)

 

SUMMARYにものすごい執着。笑
私が何でSUMMARYにこだわるのかっていうと、本来なら出演者誰ひとり欠けてはいけないのに、それを覆した公演だからです?例えメインの出演者じゃなくても、舞台に出てるひとりひとりが大切だということを健人くんと光くんが教えてくれたからなんです。今でも思い出に残る大切な公演です。

 

SUMMARY2012

私のジャニヲタ魂が最高潮まで盛り上がり、このころは現場に入ることだけが全てだと思うようになっていました。自分名義で最前を引き当てたんです。

 

立ち位置に入らないと気が済まない病

全部で7公演入りました。当時は少ないと思っていました。ファンサと意地で通っていました。健人くんの立ち位置が左側だったのでちょうど左側の薔薇ベッドというワイヤーに薔薇のベットっぽいのが釣り下がり、上下するというとんでもないジャニーズな演出でした。この立ち位置の視界に入る席を何万も出して買ってあたました。

 

薔薇モチーフのブランコに乗るメンバーやキラキラ王子様な衣装や演習が好きでSUMMARYの中で1番好きな演出でした。

ファンサ無しでは生きられない病

最前列で参戦したのは風磨くんの立ち位置でした。そのおかげか「ずっと好きでいていい?」というファンサうちわに健人くんが気づいてくれて、目の前で頷いてくれたんです。これがきっかけで自分より多く参戦する健人担に正直嫉妬心を抱くようになります。覚えてもらいたい。他の健人担を牽制したい。そんなマイナスな気持ちばかりです。今思えば本当に情けないです。そして手紙を直接渡しに行くようになります。

 

ラジオの収録が更に狂わせる

SUMMARY2012の後、100人にしか当たらないというラジオの収録になんと当選してしまったのです。


ラジオの出演者は健人くん、勝利。透明のブースを流れながら観覧するという方式でした。デビュー1週年近かったので「Sexy Zone1周年おめでとう」ってカンぺを作って収録場所へ行きました。

 

頑張って最前列を陣取って作ったカンぺを見せたら健人くんがすぐに気づいてくれました。口パクで「ありがとう!!!」って言ってくれたんれす。死ぬかと思いました。そのあとも何度かファンサしてくれました。神対応ってやつです。天に昇天するかと思いました。人間はよく深いのでもっとファンサが欲しい、近づきたい。今冷静に考えれば本当に怖いですけど、他の人より良い思いをしたい気持ちが先行するようになり、Johnny's Worldが開幕します。 
 

 

www.croire25.com