私の仕事は推し事です。

おたくのおたくによるおたくの為のblog

◆楽天イーグルスの応援について思うこと

 

f:id:redxx7:20190224224842j:image

 

www.croire25.com

 

オープン戦が始まって思ったことをまた書いていきます。

 

当方のスタンス

前の記事にも書いていますが、新規の身としてはあまり、私設応援団について書く立場ではないと思っています。あくまでも年間3万円のファンクラブに加入し、そこそこお金を落としている消費者として思っていることを述べたいと思います。

 

応援団も球団職員も来なかったオープン戦

オープン戦って公式戦じゃないので別に応援団行かなくても良いんらしいんですが。NPBの許可が降りなかったのか応援団もいませんし、球団側で応援をリードする人もいない状況のようでした。(対戦した巨人、ヤクルトともに応援団は来ていました。)

 

選手を応援するはずの「応援」じゃないのか?

 

何があったかは前回、憶測で書いていますが、結局憶測だけが飛び回っています。

 

  • 協議中だから両者がこれないのか
  • 私設応援団が全てを放棄したのか
  • 球団側でただ単にパフォーマーが必要ないと思ったのか

 

一般向けはどうかとして、ファンクラブに入会してレフスタのチケットを取っている消費者がいる以上、球団側はなんらかの説明があっても良いはずです。必ず沖縄に職員を派遣しろとは言っていません。楽天野球団が先導して応援するならば、そうなった経緯と、沖縄にパフォーマーを派遣出来ないのなら理由を説明するべきです。協議中なら協議中のため行けないでも良いと思います。一部の問い合わせのみに対応するから変な憶測が飛び回るんですよね。

 

協議中についても公式HPに載っていない

協議中の旨もviberトークの中でのみ述べられています。公式HPはまだしも決起集会という名でお金を取ってファンを集めてSNSで応援歌を公式に発表しているなら、ファンクラブのお知らせに載せるとか出来ないんでしょうかね。

 

今までやってきた応援を一新したいならファンに受け入れてもらうような企業努力が必要かと思います。著作権の問題があるから応援歌変えました!というweb上にある説明のみでは足りないと思います。

 

結局、旧応援歌を歌うファン

中継からは旧応援歌のアカペラが流れてきました。また、一部の選手には新応援歌が使われているようで非常にややこしい状況になっています。著作権の都合で旧応援歌が使えないのであればこのような中途半端な状態は1番よくないのでは?とも思います。

 

全ては企業としての説明不足かと思います。何度も言いますが。インターネット上では球団擁護派とか私設応援団擁護派とか色々あるみたいですが、私はこの中途半端な状態に納得がいきません。オープン戦が始まっているのに応援歌で揉める。揉める時期じゃないでしょう。あと1か月で開幕ですね、対応が後手後手です。

 

当分、内野席あるいはライトスタンドで観戦しますし、レフトスタンドも写真を撮ることがメインになるかと思います。My HEROが新人王になったので2020シーズンは4-STARから10万の5-STARに変えようと思ってましたが説明不足の企業のようなので保留で。

 

楽天イーグルスの選手は好きですが楽天野球団としての企業はいかがなものかと思います。とりあえず侍ジャパンは何の応援歌を歌ったら良いか分かりません。せっかくの2度目の代表入りなのに悲しいです。