私の仕事は推し事です。

おたくのおたくによるおたくの為のblog

◆新卒2年目にオタクが鬱になった話①

f:id:redxx7:20190505204609j:image

 

こんばんわ。まーち🍻(名前変えました) (@croire_25) | Twitterです。今回はDiet記録についでに投薬の話とかもしているので抑うつ状態になった時の話をしていきます。以前のblogに書いたこともあるんですが、諸事情あり消していました。最近周りで心療内科に掛かる方が多いのでまた書いてみることにします。ダイエットは身が重く、今回は心が重い話です。笑

 

 

結論から言うと治る病気です

鬱は心の風邪と言いますが、骨折に近いかなと思っています。治る病気ですが、ちゃんと治療しないとぶり返します。私もぶり返しました。が、寛解すると普通に生活できるようになる病気です。最近では状況に応じてうつ状態だったと話すと全然分からないと言われたりします。自分でも忘れます。(?)

ただ、風邪みたいに治るわけではなく、症状がなくなりほぼいつも通りに生活できることを指すらしいです。軽ければ軽いほどすぐ楽になると思うので私みたいに動けなくなる前に不安な人は心療内科に行ってほしいです。

 

医学的な言葉を用いると、うつ病は、症状がなくなり治療をする必要が無くなった状態でも「寛解」という用語が用いられます。「寛解」とは、一時的にまたは継続的に症状が軽減~消失すること、わかりやすく言えば「症状が落ち着いて安定した状態」といえます。精神疾患白血病などの再発の危険のある病気治療に使用される概念です。

うつ病は風邪のように"治る"ものではない | プレジデントオンライン

 

原因は様々

原因は過度な仕事や学校など人間ストレスや発達環境の問題、幼少期のトラウマや発達障害など様々らしいです。遺伝的要因もあるらしいです。1つが原因ではないようで私の場合は遺伝的要因に仕事のストレスが掛かったため重症化したようです。

 

その他「遺伝的要因」、「慢性的な身体疾患」も発症要因のひとつです。 これらの要因によってうつ病を発症している時、脳の中はどうなっているでしょうか。最近の研究では、脳内の神経細胞の情報伝達にトラブルが生じているという考え方で一致してきています。脳の中では神経細胞から神経細胞へさまざまな情報が伝達されます。その伝達を担うのが「神経伝達物質」というものです。なかでも「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といわれるものは、人の感情に関する情報を伝達する物質であることが分かってきました。

1 うつ病とは:ご存知ですか?うつ病|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

 

親戚に鬱チックな人が2人いる上に祖母もレキソタンを飲んでいるので遺伝的要因も大きいと前の主治医に言われました。セロトニンが非常に出にくいらしいです。そうなんや。弟もうつではないですが、同じ薬を飲んでいます。一生付き合っていくしかなさそうです。

 

幼少期のトラウマ

実は新卒2年目にうつ病にドッカーンとなる前に兆候は多々ありました。片親を小学生で病気で亡くし、火葬した際の納骨が未だにトラウマです。そういう経験と自分の性格も関係し、非常に神経質な学生時代を送りました。

 

高校生の時の話

大学受験のストレスで胃潰瘍が治らなくなります。

 

と胃薬を飲む毎日でした。

 

大学生の時の話

大学は非常に楽しく華のオタク生活をしていたのですが、在学中に急に祖父を脳出血で亡くしました。病院に付き添い、危篤状態へ。最期は家族で看取りました。そして納骨のトラウマが再び。どこも悪くないのに身体が痛くなる心身症に悩まされるようにらなります。

 

 

この時既にエバミールは飲んでたんか。。もううつ病と同じラインナップですね。ただ身体が痛いしか症状が無かったんですよ。

 

 

に変更しましたがレクサプロがめちゃくちゃ合わず身体も痛くなくなったんで(多分デパスが効いていた)心療内科に通院するのを勝手に辞めちゃいました。ほんと良くないです。そこから就活も12月解禁時代で5月に早々に内定を第1志望からいただいたので全然忘れて遊んでました。笑 

 

その後の投薬

その後はレキソタンも飲んだりしましたが超絶合わずに記録にも書いているメンツに収まります。

 

発症時の薬

 

超絶しんどい時の薬

 

ほぼ薬漬けの生活でした。これにメニエール病も合わせて併発してたのでイソバイドという超絶苦い薬を飲みながら治療してました。

 

新卒2年目で

  1. 抑うつ状態(要休職)
  2. メニエール病
  3. 良性頭位めまい症
  4. 自律神経失調症

 

一気に4つ診断されまして、もう盆と正月が一緒に来たようなお祭り状態です。笑

 

今のラインナップ

 

f:id:redxx7:20190505214039j:image

 

一時期はロヒプノールが効かなくなって悩んでましたが、今はほとんど睡眠薬は飲んでないです。マイスリーはお守りみたいな感じなので遠征中とかでしか飲みません。

 

 

今回、薬の話がメインになってしまいましたが、放置しないことと、めっちゃ薬飲んでても私はしっかり治そうと思ったのでここまで薬が減りました。今、体調で不安がある方は早めに治療することをオススメしますし、絶賛治療中の方も諦めないで一緒に治していきましょう!ということで、また更新しまーす。