私の仕事は推し事です。

おたくのおたくによるおたくの為のblog

◆オタクを辞めたくて辞めたくて震える

  

こんばんは。前回、下記のような記事を書いてめちゃくちゃオタクライフエンジョイしてるのかと思わせておいて、めちゃくちゃ病んでます。2019.8.14現在、絶頂でオタク辞めたいです。


www.croire25.com

 

振り回されたく無いと思っていた

 

振り回されたくないから自分の中で線を引いて過剰な期待をしないようにしてきました。

www.croire25.com

 

でも最近はしんどい。試合結果見たり、球場に行くとしんどくなる。心がしんどいのだ。とにかくオタク辞めたいと衝動的になるときはオフラインの趣味に没頭しようとするですけど、今回はモヤモヤが取れないでいます。

 

 

 

のめり込んでいる人たちを観ると勝手に嫌悪感を抱いてしまう。自分はのめり込んでいる人たちとは私は違うんだというマウントを取りたくなる。そのマウントは全く意味がない。

 

なぜ辞めたいかもわからない

  • 新しい推しの選手がいるチームを応援したいのか。
  • もっと推し選手をスタメン起用してほしいのか。
  • オタクするお金がないのか
  • そもそもなんでオタクしてるのか
  • ジャンルはなんでもよくて遠征とか応援に付随する活動がすきなのか

 

辞めたところで…

でも辞めたところで、小学生からバカみたいにオタクをしていた私にとって何が普通のオタクじゃない生活かピンと来ない。友達と話して、買い物して、飲みに行ってそういう生活?その普通と言われる生活が楽しいのか疑問にも思う。だけどこうやって何かに依存する生活をこのまま続けてよいのかという不安もある。今が100%楽しいかといったら70%くらい。一体何のために生きているんだろうという宗教的なところまで辿り着く。少なくとも推しのためだけに生活するのは辞めたいと思っている。

 

いつも絶頂期を考えてしまう

 

そうするといつもあの頃は良かったのに。何も考えずにオタク出来たのにって懐古してしまう。もちろんそれは自分の年齢的なものもあったし、異常かもしれないけど、めちゃくちゃのめり込んでいた。

www.croire25.com

 

また、誰かの担当になって帝劇に通えばその心は満たされるのかといえば違う。あの時、あのメンバーのジャニーズワールドだったからだ。そしてジャニーさんが亡くなった。今はジャンル違いだけど、追悼の文章は書きたいと思っている。ジャニーさんが考える13月のユートピアに行きたくなるし、今、ジャニーさんが彷徨っているであろう13月のユートピアに連れて行ってほしくなる。そうすれば私の悩みは解決できるはずだ。


でも当分はユートピアに行けそうにないし、家族の看病もしなければならない。少し疲れているんだろう。だから自分自身の象徴であるオタクが煙たくなる。気持ち悪い、嫌悪感を抱く存在に自分の中でその姿が成長する。

 

もうすぐ、野球はオフシーズン。少し休憩しようかな、と思っている。