私の仕事は推し事です。

おたくのおたくによるおたくの為のblog

◆ジャニヲタを卒論にすべきか

f:id:redxx7:20200202214737p:image

 

 

𝐒𝐚𝐤𝐮𝐫𝐚☂️ (@__AprilRains) | Twitterです。今回のお話はジャニヲタを卒論にしたい人へ、もしくはオタク的趣味を卒論にしたい方に向けてです。当時の人生の全てであったジャニーズを卒論にした社会人がお伝えします。

 

全力で辞めといた方が良いです。

いきなり否定かよ!?って思わないでくださいね。でもまじで辞めておいた方が良いです。私は音大を出ているので初めから舞台芸術とかそういう系統の学部だったのでギリギリなところでジャンル違いではありませんでした。

まず、将来同じ業界で働きたい場合は隠していた方が無難です。

私自身も高校生の時は音楽業界で働きたかったんですが、在学中に実際に色々お仕事をさせていただく中で、ものすごく向いていないことを悟りましたので、途中から研究を楽しむ方にシフトチェンジしました。異業種に就職し、一旦は過去に音楽関係の仕事をしていましたが、やっぱり向いていなかったです。笑

 

必ずしも好きだから向いている訳ではないので、実際にインターン等で体験をすることは必須です。

 

専攻分野で論文を書くべき

もし、社会学とか音楽業界に関わるマーケティングとかそういった分野で関係があるのであれば、問題は無いと個人的に思いますが、自分が学んでる分野やジャンルを論文にすることが1番ベストです。今は野球が好きですけど、音大で野球の論文は書けないですし。

 

私は自分が学んでいるジャンルに該当していましたが、それでもジャニーズ、しかもジャニヲタに焦点を当てた論文は前例がなく、かなりクレイジーなカオスな論文発表会になりました。

音大って変な人しかいないんですけど(同期のみんなごめん)、それでも引かれるレベルだったので、大学に好きな人がいるとか、彼氏がいるとかそういうリア充な人は避けた方が良いです。彼氏もジャニヲタ だったら別ですよ!!笑

 

web上のアンケートの信頼性

たまに「論文にするので〜」という趣旨でアンケートが流れてきます。もちろんジャニヲタで卒論を書いた身分として協力したいと思っています。が、厳しいゼミや研究室なんかの場合は、web上のアンケートですと、偏りがでる(実際、拡散する範囲やジャンルが限られてしまう)との指摘を受ける場合もあります。私がそうでした。アンケートが悪だとは思いませんが、使えない場合があることも知っておいた方が良いです。

 

参考文献が無い

私が卒論を書いた7年前はまだアイドルが文化として確立し切れていなかったので、非常に参考文献が少なく苦労しました。

 

オタクはすでに死んでいる 電子版

オタクはすでに死んでいる 電子版

 

この辺りの本は読んだかなぁ。でも他の同期の子のように確立した論文も無く、本もなく苦労しました。

 

自分の体験を論文にするクレイジー

ということで、当時の担当の先生に「自分の体験を論文にしましょう」と笑顔でクレイジーに言われたので体験談を書きました。卒論発表会には手作りうちわ*1を持参し、当時の量産型ヲタク*2の格好をして、ヘアメ*3をして参戦しました。しかもSexy ZoneのDVDを流すというクレイジー🤪っぷり。完全に黒歴史です。楽しかったけど。

 

卒論を公開する予定です。

ちなみに下記の平成最後の反省記は卒論から半分くらい持ってきています。

www.croire25.com

 

そして、このブログは推し事をしている人を応援するブログなので、それでも極めて卒論にしたい方に少しでも参考になればと思い、先人の黒歴史を晒そうと思います。笑 データベースで検索出来る大学もあるそうですが、どうやら私の論文は見れないみたいです。

 

ということでそのうち公開しようかなと思います。ちなみに、いま野球を論文に書くかと聞かれたらNoです。研究したい分野では無いですね。おそらく英国王室とイギリス文化について書くと思います。ものすごく真面目になりましたよ。笑

 

 

*1:ジャニヲタに限らずもはや日本の文化になっている創作団扇

*2:今で言う、フリフリのリボンのついたブランドのトートを持っている系ヲタク

*3:これも量産型ヲタクが現場にしていく盛り髪